車の鍵穴に挿してカギを開けることも少なくなった

car_keyhole自動車のエンジン始動をするイグニッションスイッチは、通常専用のカギによって管理されています。つまりその自動車のカギが差し込まれ、内蔵シリンダーが回転してエンジンがかかるという仕組みですが、これがすでに過去のものとなりつつあるのです。

初心者でもわかる! 「文字入力や変換ができない」をズバリ解決 – トラブル 2

自動車のドアロックが電気錠を取り入れるのと並行して、エンジン始動に使われていたカギも複数の電子コードを照合するというものに代わってきました。これがいわゆるイモビライザーです。自動車の車両側と、カギに内蔵されたトランスポンダという電子チップのIDコードを一致させることで、エンジンの始動やドアロックを制御しているというわけなのです。

なりすましメール対策フィルタ概要

これによって自動車のドアの施錠は非常に簡単に操作できるようになり、施錠については自動車からかなり離れてからでも可能であり、しかもカギに付いたスイッチを押すだけという手軽さです。自動車を降りたあと、歩きながらポケットを探り、カギを見つけてスイッチを押せば、後方で独特の電子音とともに自分のクルマにロックがかかるというわけです。さらに開錠について言えば、施錠同様離れた位置からスイッチひとつで可能なのはもちろんのこと、カギを携帯している人がドアノブ付近に触れるだけで、ドアロックを外すことが可能になりました。わざわざカギを取りだす必要すらないという状態は、昔のクルマに慣れているひとにとっては、当初かなりの違和感だったのです。

横浜の鍵屋

しかし、このイモビライザーに代表される自動車のカギの電子制御によって、車両乗り逃げによる盗難事件は激減したと言われます。合い鍵やピッキングなどによってドアを開けられたとしても、エンジンを始動することはかなり困難になったからです。
出来た当初は一部の高級車やオプションとして存在していたイモビライザーは、軽車両をはじめ、かなり多くの車種で標準装備となり、自動車のカギ穴に挿してドアを開けること自体が少なくなってきました。