泥棒に入られてから、カギのシリンダーを高級なものにした

key_cylinder皆さんは自宅のセキュリティの整備はしっかりと行えているでしょうか。警備会社に登録をしたりするのは、会社組織のような建物であったりかなりの財産があるような人でなければする必要はないかもしれませんが、ことカギについてはどこの家庭でも万全な体制になっていると思います。家の窓のどこかのカギが開いている状態では、どれだけ安全な地域であったとしても心を休められませんからね。我が家も普通の家庭と同じように、当たり前のようにカギをしていました。

しかし、その当たり前のカギはいとも簡単に泥棒に開けられてしまい、私たちが留守にしている間に預金通帳や現金などがごっそりとなくなっていたのです。しかもそのカギは自宅の中で一番頑丈な作りがなされている玄関のカギですから、それはかなりのショックだったことを覚えています。そんなことがあって泥棒に入られてからというもの、我が家の玄関のカギをシリンダーの高級なものに替えました。

シリンダーの高級なものは、非常にカギの構造が複雑になっており、しかもカギの形状そのものが違います。ですから、よくテレビドラマの泥棒が行っているような針金を使うピッキングは基本的に通用しませんし、もしピッキングができたとしてもピッキングにかかる時間がかなりかかりますので、結果的に泥棒の侵入を防ぐことになるようです。それだけ非常に頑丈なカギであることから、高級なシリンダーは今後我が家に泥棒が侵入するのをかなりの確率で防いでくれるものだと思います。

やはり防犯設備を考える上で、カギは地味ではあるもののかなり重要な部分ですので、安っぽいものを使わないようにしてできるだけ高級なものを使うほうが良いでしょう。そうすれば、自宅のセキュリティは飛躍的にアップしますので、自宅に貴重品をかなり多く保管している人やかなりの財産が入った預金通帳のある家庭は絶対に安物ではなく高級なシリンダーのカギをつけるべきです。